囲碁界に“10歳少女プロ”出現 将棋人気に焦り話題作りのため?

社会週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 藤井聡太七段(16)の活躍で将棋に押され気味の囲碁界にも天才少女の出現だ。

 今月5日、囲碁の日本棋院は仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)を4月から「初段」プロ棋士として採用することを発表。プロ入り時は10歳で、藤沢里菜(りな)女流3冠(20)が持つ11歳6カ月の最年少記録を更新することとなる。...

記事全文を読む