「渋谷」を媒体に「ダイバーシティ」実現を目指す「超福祉展」

ビジネスForesight 2019年1月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」。展示品を見たり試したりしていると、そんな言葉が思わず口から出る。それが、2014年から毎年11月の1週間、渋谷ヒカリエを中心に開催されている「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」、略して「超福祉展」だ。2018年も11月7~13日に開催された。

「全員がゼロ以上の地点に」

 「目指すはダイバーシティの実現、違いに寛容な社会です。健常者も、障害者も、高齢者も、外国人も、LGBT(セクシュアル・マイノリティ)も、あらゆる人が交ざり合う。...

記事全文を読む