竹下通り暴走男、転機は“父の死”と“進学の挫折”? 近年増加する無差別殺傷事件

社会週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

原宿竹下通り暴走「元旦テロリスト」に化けたイカレ男の履歴書(2/2)

 年明け早々に原宿・竹下通りで起きた“暴走テロ”事件。8人に重軽傷を負わせた日下部和博容疑者(21)については、かねてから奇行が目撃されていた。ここ1年ほど祖父と2人暮らしをしていた大阪府寝屋川市の家の近隣住人は、昼夜問わず奇声が聞こえてきたと証言。枚方市の実家では、近所の子供に“マシンガンのようなもの”を向ける騒ぎを起こしていた。奇行に走るようになった背景には、父親の死と進学の挫折という、転機になったと思しき出来事があるのだ。

 ***...

記事全文を読む