梅宮アンナが語る「羽賀研二とのペアヌード」撮影秘話 私を丸裸にした篠山紀信の一言

芸能週刊新潮 2019年1月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 阪神・淡路大震災が1月に起き、2カ月後に地下鉄サリン事件が発生した1995年(平成7年)に、芸能界を揺るがした“事件”。それが、羽賀研二(57)と梅宮アンナ(46)のペアヌード写真集発売だった。撮影秘話をアンナ本人が語る。

 ***

 父娘と彼氏の三角関係。二人の熱愛が報じられると、梅宮辰夫(80)が交際に大反対したこともあり、マスコミは3人を連日追い続けた。過熱する当時の報道を、

「鬼ごっこみたいな感じだった。捕まえられるもんなら、捕まえてみろみたいな。記事の写真を自分で選んだこともあります。だって、どうせ載るならちゃんとした写真が良いでしょう」

 と、振り返るアンナ。カメラマンに篠山紀信を迎え、メキシコ西部の海岸で撮影した二人のヌード写真集『アンナ 愛の日記』(新潮社刊)が更なる燃料となり、世間の関心はますます燃え上がった。

「彼の借金返済のためって報じられたけど全然違う。篠山さんに撮ってもらって、思い出に残したいという私の発案だったの。自分で電話番号を調べて、篠山さんに連絡したんです」

 ファッションの一環、との意識だったが、父・辰夫には「裸では撮らない」、と嘘をついて日本を離れた。

次ページ:「飛び降りちゃいなよ」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]