けん玉4段「三山ひろし」が紅白でギネス世界達成 記者が目撃したマジな舞台裏

芸能2019年1月6日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 なんで唄いながらけん玉やらなくちゃいけないんだ?という根本的な疑問はさておき、たかがけん玉……などという状態でなかったのが、先日(2018年12月31日)のNHK紅白歌合戦だ。

 三山ひろし(38)が歌い終わるまでに123人がけん玉の基本技“大皿”でつなぎ、ラストを三山が成功させて124人連続のギネス記録を目指す企画である。2017年に挑戦したものの、“14番”が落としたために記録達成はならず。2度目の挑戦となった今回、その緊迫感はリハーサルから最高潮に――。...

記事全文を読む