日本史を歪めた「旧石器捏造」事件 “ゴッドハンド”のその後

国内 社会 週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • ブックマーク

指も自ら切り落とし

 四半世紀にわたって繰り返してきたという捏造については、03年に考古学者から偽計業務妨害容疑で告発されたものの、不起訴処分となっている。が、彼が日本の歴史にもたらした影響は計り知れない。

「藤村氏が捏造を暴かれた宮城県の上高森遺跡からは、60万~70万年前の石器が相次いで発見されていました」

 とは、発覚前から疑義を呈していた共立女子大非常勤講師の竹岡俊樹氏。すなわち、藤村氏の捏造発覚によって70万年前から日本列島に人類が住んでいたとの定説は否定され、前期(約13万年以上前)および中期旧石器時代(約13万~3万6000年前)に関する研究は、ことごとく無となってしまったというのだ。

「それまで高校の教科書などには、上高森遺跡での“発見”を受け『生活の痕跡は原人の時代までさかのぼる』などと書かれていましたが、事件後にはこうした記述は削除されてしまいました」(同)

 現に、9社合計26冊出されていた日本史の教科書から、藤村氏の関わった遺跡の記述は消滅。彼が捏造に手を染める以前は、群馬県の岩宿で発見された約3万年前とされる石器が、日本最古であった。よって、日本の歴史は「70万年前」から「3万年前」へと大きく後退し、その余波は広く中高生や受験生にも及んでしまったのである。

 先の渡辺社長が言う。

「03年にあらためて藤村氏を取材すると『人格が入れ替わる』『自分の分身が多い時には20人いた』などと言う。ですが、こうした弁明からは、嘘をついているというより無理やり妄想を信じ込んでしまったような感じがしました。彼はまた『“指を切れ”との幻聴が聞こえた』とかで、実際に右手の指を2本、自ら鉈(なた)で切り落としていたのです」

 現在は「ほとんどひきこもり状態」(近所の住民)という藤村氏を訪ねると、

「ダメです、ごめんなさい」

 マスク姿でそう言い放ち、引き戸をぴしゃりと閉めるばかりだった。

ワイド特集「平成の『カネと女と事件』」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]