ソフトバンク上場でも銀行が固唾を吞む「孫正義」の有利子負債13兆円

企業・業界週刊新潮 2018年12月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 東京都の年間予算は「ひとつの国家と同じ規模」と言われ、昨年度はスウェーデンやインドネシアの国家予算に匹敵する13兆円に達した。そう、ソフトバンクグループ(以下、SBG)が抱えているのは、それほど莫大な「借金」なのである。子会社の上場で巨額のカネが懐に入るにもかかわらず、銀行は固唾を呑んで孫正義社長(61)の動向を見つめていた。...

記事全文を読む