臨床心理士と“被る” 公認心理師 2・8万人誕生、その使命

社会週刊新潮 2018年12月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 現在、二百二十余ある国家資格に、新たな一つが加わった。11月30日に合格者が発表された厚生労働省と文部科学省共管の「公認心理師」だ。9月に3万5020人が受験し、2万7876人が合格した。合格率は79・6%と、弁護士の29・1%、税理士の15・8%などに比べれば、かなり“広き門“といえようか。今後も年1回、試験が行われる。...

記事全文を読む