口利き疑惑「片山さつき」大臣に地元業者から寄付100万円 秘書の「パーティー券」押しつけも

政治週刊新潮 2018年11月29日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

安倍内閣が処分したい「片山さつき」から「ダイオキシン」(2/2)

 静岡県御前崎市の池新田(いけしんでん)地区三線(さんせん)に建てられる「御前崎リサイクルエネルギープラザ」をめぐり、片山さつき大臣(59)に新たな産廃問題が噴出した。この産廃の建設を担うのは、神戸市の業者「大栄環境」で、その誘致に“暗躍”したとされるのが、片山大臣秘書の肩書も持つ阿南澄男・御前崎市議だった。阿南市議は今年初めに配布された報告で〈参議院議員片山さつき先生の助力により〉誘致ができたとアピール。「産業・資源循環議員連盟」の事務総長を務める片山大臣であれば、業者に顔が利くのは間違いない。...

記事全文を読む