人呼んで“柏の出川哲朗” 言い間違え「桜田五輪相」

政治週刊新潮 2018年11月22号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 父は病弱な娘を思い、小豆を盗んで赤飯を作る。が、娘が赤飯の美味しさを歌にしたことで罪がばれ、父は人柱にされてしまう。〈雉も鳴かずば撃たれまい〉の由来となった昔話だ。吉事があった時こそ、口を慎むべし、というのは先人の教え。この教訓を守らず、入閣した矢先、相次ぐ失言で非難の弾を撃ちこまれているのは、桜田義孝五輪相だ。...

記事全文を読む