「顔面しゃぶ鍋」パワハラ芸能プロ社長の“素顔” 被害者が語った一部始終

社会2018年11月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“クライアントさんがいるんだから、面白いことをやれ”と、火のついたしゃぶしゃぶ鍋に顔を押しつけ、被害者は顔面を大やけど……。週刊新潮が報じた芸能プロダクションの社長による“パワハラ”は、その後に被害者が刑事告訴に踏み切ったことで“事件”の様相を呈している。信じがたいパワハラを行った社長とは、いかなる人物なのか。

 ***...

記事全文を読む