「雨の園遊会」で両陛下を守ったビニール傘 メーカー社長は“感無量”

社会週刊新潮 2018年11月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 平成最後の園遊会は、生憎の雨だった。天皇皇后両陛下は歩きながら招待客に労いのお言葉をかけられたが、よく見るとお二人を雨からお守りしたのは我々も使うビニール傘ではないか。

「あれは、うちが作ったビニール傘です」

 こう語るのは、台東区にあるホワイトローズの須藤宰(つかさ)社長(63)だ。社名はカタカナながら、創業1721年(享保6年)の老舗で、4代目が煙草商から雨具商に転業して、5代目から幕府御用達に。ちなみに、須藤社長で10代目になる。...

記事全文を読む