「カイヤ」と離婚裁判中の「川崎麻世」に新恋人、お相手は34歳の一般女性

エンタメ 芸能 2018年11月21日掲載

  • ブックマーク

女性と川崎を取材

 そこで、まずは女性に対して取材を申し入れると、「2人で食事したり飲みに行ったりする関係で、最も信頼する男性です」と、最初は曖昧な説明だった。

 だが、最終的には「一番大切な人でもあります」と半ば交際を認めた。そして川崎については「妻子ある方だとはもちろん承知しております」とし、今後については「私から申し上げることはできませんし、成り行きを見守るしかありません」と結んだ。

 さて、川崎は何と答えるか。場所は都内某所の居酒屋。川崎は常連客の1人で、店のスタッフとも懇意にしている。「芸能人が行き着けの店」というイメージとは真逆の、どこにでもある、ごく普通の店だ。

 店を出たところを「川崎さん、すいません」と呼びかけると、立ち話の形で取材に応じた。まずは女性について質問すると、「仲良くさせてもらっています」と答えた。そして感謝の言葉を口にしたのは、冒頭でご覧いただいた通りだ。

 離婚が成立していないことも認めた。その上で、交際と離婚の順番が逆転してしまったことを次のように説明した。

「カイヤ側の弁護士のほうからは『離婚には応じる』と言ってもらっていたんです。年内には片が付くかなと思っていたのですが、それが延びてしまっているのが現状ですね。本当に早く解決してほしいと願っています」

 この女性と交際しても、「また浮気するのではないか?」と問いかけると、「年齢も年齢なんで」と苦笑した。そして、カイヤと子供に対しては、「誠意を尽くしてきた」と言う。

「別居して14年になります。子供も成人しました。生活費も全額払って、学費も負担してきました。そろそろ人間として、男として、けじめがつくんじゃないかと思います」

 最後に関係者やファンについてのメッセージを求めると、以下のように答えた。

「ご心配かけて申し訳ない。自分の中では順を追って、ちゃんとけじめをつけていく準備をしております。自分の中では全て順調にいっていると思いますし、やることもやってきたので、必ず春が来るかなと思っています」

 ちなみに、前出の友人も、交際している女性に「浮気をされたらどうする?」と質問したことがあったという。

「彼女は『私は、あまりそういうことは気にしないようにしている。それこそ、芸の肥やしって言うじゃない』とあっけらかんと答えましたね」

 今後も様々な荒波に襲われるのだろうが、とにもかくにも、2人で乗り越える覚悟はできているようだ。

週刊新潮WEB取材班

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]