「ホスト界の帝王」逝去 葬儀にシャンパンタワー登場

エンタメ週刊新潮 2018年11月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 こんなの初めてですよ――。葬儀会社のスタッフも目を丸くしたのは、12段にもなるシャンパンタワーである。ホスト界の帝王と呼ばれ78歳で逝去した愛田武氏の、11月4、5日に執り行なわれた通夜と葬儀で設(しつら)えられたものだ。「オレが逝ったら金の棺を」と語っていた通り、棺もグラスも金色。下からライトで照らされたタワーは「クラブ愛本店」の内装さながら、ギラギラと輝いている。...

記事全文を読む