65歳からのシニア再就職に「コールセンター」「清掃員」が悪くないワケ

社会週刊新潮 2018年11月15日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

人生最後の節目「65歳」再就職術の「勝ち組」「負け組」(1/3)

 人生には幾つかの節目がある。サラリーマンの最後は65歳。定年後に待つ年金生活の始まりだ。しかし、70歳定年制や年金受給の開始年齢繰り下げが現実味を帯びる今、再就職を目指すシニアが増えている。過熱する雇用市場で、「勝ち組」「負け組」を分かつ“節目”とは。

 ***

 人生の節目に必要なもの。それは有益な情報である。本稿はそれをお届けするための企画だ。

 定年まで働き、余生は年金暮らしで気ままに暮らす。多くの日本人が描いた夢物語が、破綻寸前なのは疑いようのない事実であろう。...

記事全文を読む