野球部員を殴る蹴る「暴行」と星野監督の「鉄拳」の違いとは

スポーツ2018年11月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

監督のハイキック

 名古屋市内にある高校の野球部の監督が選手らに暴行を働いていたことが発覚し、大きな問題となっている。スマホの使用を巡り、腹を立ててのことだというが、第三者が撮影した映像に、あまりにクリアに監督のハイキックやパンチが映っていたこともあり、騒ぎは大きくなっている。

「熱血指導」は許されても、殴る蹴るはご法度なのは今や当然のことながら、ほんの少し前まで野球界でも「鉄拳制裁」が珍しくなかった、というのもまた野球ファンなら誰でも知っていることだろう。

 代表例は、故・星野仙一氏だ。...

記事全文を読む