暴走か融和か トランプ流「民主主義の殺し方」

国際2018年11月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ドナルド・トランプ共和党政権の行く末を占う米中間選挙が終わった。結果は事前予測どおりで、上院は共和党が多数派を維持し、下院は民主党が過半数の議席を奪還した。大統領と議会多数派の政党が異なる「分割政府」状態となり、共和党が進める政策は今後停滞することになる。また、下院で各委員会の委員長ポストを獲得する民主党はトランプ大統領への追及を強める見込みで、ロバート・モラー特別検察官が調査するロシア疑惑の展開とともに、政局を緊迫させそうだ。

 しかし、これでトランプ大統領がおとなしくなると思ったら大間違いだ。...

記事全文を読む