著名人がハロウィン“バカ騒ぎ”のモザイク処理に違和感を表明 テレビ局の本音は?

社会2018年11月6日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

薬丸裕英は「顔をさらせ」と主張

 あっという間に老若男女が「渋ハロ」の略称を覚えてしまった。渋谷におけるハロウィン騒動が社会問題化している。全面禁止や有料化など様々な提案が行われているが、テレビの世界では「番組におけるモザイク処理」にも注目が集まった。

 ***...

記事全文を読む