ドラフト1位根尾昂選手はなぜ「自分が小さい」と思ったか 文武両道の秘訣

野球2018年10月31日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年のドラフトで一番の注目を集めた大阪桐蔭高校の根尾昂選手。4球団が競合した上で、交渉権は中日ドラゴンズが獲得した。

 根尾選手についてはすでに、「走攻守すべてに秀でた野球選手」としての資質だけでなく、「秀でた人間」としても注目が集まっている。少年時代にはスキーの全国大会で優勝したというスポーツ競技自体の「二刀流」。中学時代の成績がオール5で、生徒会長も務めていたという文武両道ぶりやリーダーとしての資質。
 なかでも注目されているのが、野球選手としては珍しい読書家としての一面を持っていることだろう。...

記事全文を読む