〈殴る〉に〈あっかんべー〉返信… ご当地アイドル自殺、社長が明かす「家族に関する相談あった」

芸能週刊新潮 2018年10月25日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年3月の大本萌景(ほのか)さん(享年16)の自死をめぐり、遺族と所属事務所の見解は食い違う。自殺の前日、萌景さんと母親は全日制の高校に転学するための費用12万円を借りるため、所属していた事務所を訪れた。しかし、スタッフから「お金は貸せない」と告げられ、さらにその夜には事務所の佐々木貴浩社長(50)から「(グループを)辞めるなら1億円払え」と電話で告げられた――と、遺族は主張する。...

記事全文を読む