日仏「宇宙飛行士」が語る「宇宙探査」の展望と意義(上)

国際Foresight 2018年10月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日本人が人類初の民間月旅行客になるなど夢のようだが、米宇宙開発ベンチャー「スペースX」が主催する「2001年 宇宙の旅」ならぬ「2023年 月の旅」は、まさにSFの世界が現実になる夢のような話。2020年代には、米航空宇宙局(NASA)が中心となって計画を進めている「月宇宙ステーション」(LOP—G)の建設も始まり、月面着陸も予定されている。人類は今、地球から月、火星へという道筋の転換点に立っているのだ。

 その月旅行第1号を「ZOZOTOWN」の前沢友作社長とスペースX社が契約がしたと発表した9月18日の翌日、東京で「日仏宇宙協力・宇宙飛行士の視点から」という日仏友好160周年記念シンポジウムが開催された。...

記事全文を読む