「100円ショップ」戦国時代 勝ち組“下請け企業”の商品戦略とは

企業・業界2018年10月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今や100円ショップの商品は、安いだけでは売れない時代だ。高度なデザイン性や機能性を備えた商品が立ち並び、ダイソー、セリア、キャンドゥ、ワッツをはじめ、各社はしのぎを削っている。その実動部隊を担っているのが、商品を提供する「下請け」企業だ。いかに安く、高品質でバズる商品を作れるかが、業界全体の景況にかかわってくる。そこで、“勝ち組”下請け企業の特徴について、企業戦略分析の専門家・青山烈士氏に聞いた。

 ***...

記事全文を読む