元光GENJI「大沢樹生」が華麗なる転身? 本人語る“プロレスデビュー”

エンタメ 芸能 週刊新潮 2018年10月18日号掲載

  • ブックマーク

 昼下がりの東十条駅前。商店街に立つ雑居ビルから、パン! パン! と乾いた音が聞こえてきたのは10月上旬のこと。どうやらプロレスの道場らしい。覗いてみると、元光GENJIの大沢樹生(みきお)サンではございませんか! 男性の腕を捻っちゃって、一体どうしたんですか?

「小学生の頃の夢だったんですよ。来年50歳になりますが、まさにドリームズ・カム・トゥルーだよね」

 とはご本人。実は今年12月30日、「シアタープロレス花鳥風月2018総決算」で、念願のプロレスデビューを果たすそうな。ファンにはおなじみの、船木誠勝(まさかつ)選手も参戦するというから本格的だ。

「父が後楽園ホールで飲食の仕事をしていたから、毎週のように観に行っていました。大仁田厚さんが、まだ若手だった時代ですよ。でも、これまでは観戦専門。踊りをやめて20年以上で、まさかこんなに体が動かないとは思わなかった。見よう見まねでできるかも、と思ったんだけど」

 現在は仕事の合間をぬって週3日、2時間ほどのトレーニングで体づくりに励んでいるのだとか。それにしても身長177センチ、体重63キロとは、アイドルとしては申し分ないにしても、プロレスラーにしては細すぎるのでは?

「いくら食べても痩せたまま。ちゃんこ鍋でも食べて、あと5キロは欲しいな」

 酒を断つ気はさらさらないし、トレーニング後にはアイコスをスパスパ、余裕をみせるご本人の選手宣誓は、

「とにかく、リングにあがるプロレスラーに失礼のないように、短期間だけど準備万端にしていきたいね」

 歌って踊って戦える。これぞ五十路オトコの鑑かも。