“ルール作りが目的”の日本 息が詰まる「コンプライアンス社会」

社会週刊新潮 2018年10月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 明治維新から150年、東洋の島国は、文明開化の名の下に欧米の概念を輸入し、独自の解釈を加え発展を遂げてきた。翻って昨今の「コンプライアンス社会」である。カタカナを訳せば「法令遵守」となるが、現場から聞こえてくるのはこんな声。もう息が詰まるよ!...

記事全文を読む