森保ジャパン「南野拓実」は香川真司の後継者となるか パナマ戦で強烈アピール

スポーツ2018年10月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

試合序盤はパナマが主導権

 森保ジャパン、2勝目――。下馬評通りの結果だったが、森保一監督は「ポイントを見れば攻撃も守備もまだまだクオリティーを上げていかないといけない」と、勝って兜の緒を締めた。サッカージャーナリスト・六川亨氏は「南野拓実と香川真司のライバル争いを見てみたい」とする。六川氏が寄稿された観戦記をお読みいただきたい。

 ***...

記事全文を読む