64歳になった「ユーミン」30億円ツアー、“巨大ロボット象”と歌唱力低下の関係

芸能2018年10月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 デビュー45周年のベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』を引っ提げて、総製作費30億円をかけた松任谷由実(64)の全国ツアー「TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years」が9月22日よりスタートした。

「タイムマシンツアーへようこそ! 色々な私の時代、世界を最後までどうぞ楽しんでいって下さい!」とオープニングで呼びかけ、“ユーミンさんだ象!”とばかりに、39年ぶりにステージに象を出現させた。これまでのコンサートの集大成ともいえる。...

記事全文を読む