ブログでは“充実”をアピールしていた吉澤ひとみ 復帰は困難か

エンタメ 芸能

2018年09月22日

  • ブックマーク

自宅に30種類の酒

 吉澤は、「モー娘。」を卒業した2007年以降、絶頂期に比べて仕事も減少したが、代わりに15年にIT企業経営者と結婚。翌年には男児を出産し、表向きは、幸せな家庭を築いていると思われていた。

 芸能記者によると、

「現在、子供は2歳になり、彼女は“べビオ”と呼んで溺愛。度々、写真をブログやSNSに掲載しています。家族でディズニーランドに行ったことや、仲間との子連れホームパーティなどなど。充実しているように見えました」

 だが、現実はかなり違っていて、酒の欠かせない日々だったようだ。

「事故当日も、イベント会場に自ら運転して向かう途中でした。つまり、酒が残った状態で仕事に臨むつもりだったわけです。元々、日本酒など酒が大好きで、独身時代は自宅に30種類もの酒を常備。酒に飲まれるタイプで、一緒に飲んだ明石家さんまには、かつてラジオ番組で『もう嫌や』とサジを投げられたほどです。泥酔や酒気帯び運転が常習だった可能性もある」(同)

 なぜ、そこまで酒に頼ってしまうのか。

「仕事や育児がストレスになっていたのでしょうが、11年前に交通事故で弟を亡くしている彼女の場合、その怖さを知っているはず。しかも、子供がいるというのに、今回のような行動をとったということは、結局、自分に甘いんです」(同)

 不祥事に甘い業界でも、さすがに復帰は困難と見られている吉澤。芸能界で築き上げた人生は、ブラックアウト寸前か。

週刊新潮 2018年9月20日号掲載

ワイド特集「人生のブラックアウト」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]