マレーシアに逆転負け「本田カンボジア」 それでも川淵三郎が絶賛する理由

スポーツ2018年9月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

本田カンボジア

 元日本代表・本田圭佑選手が、カンボジア代表の実質的な監督になって最初の試合(対マレーシア戦)が10日行われた。
 前半に先制したものの、後半に3失点で逆転負けと残念ながら、「本田カンボジア」は初戦を飾ることはできなかった。本田監督は、この敗戦について「僕に責任があります」と潔いコメントを残している。

 実際には、格上相手でもあり、結果の評価はわかれるところだろうし、そもそも今回の監督就任についても賛否様々な見方が存在している。ただ、誰もが認めざるをえないのは、本田選手が類まれなチャレンジ精神と行動力を持っているという点だろう。...

記事全文を読む