“山根ロス”のボクシング連盟、新会長が逮捕歴を告白の仰天

スポーツ週刊新潮 2018年9月20日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 新たな“ドン”の誕生か。

“アマ・ボクシングのドン”と畏れられた山根明会長が辞任した日本ボクシング連盟が8日、臨時総会と理事会を開き、宮崎県連盟会長の内田貞信氏(45)を新会長に選出した。不正を告発した「日本ボクシングを再興する会」の主要メンバーの一人である。...

記事全文を読む