殺人的な炎天下での部活動、なぜ改善できない? “人命より規定”のインターハイ事情

社会週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年の夏は蚊に刺されにくかった、と証言する人が多い。実際、蚊にとっても不快な暑さだったと見える。蚊が好む気温は27〜28度で、おまけに暑さで水たまりが干上がり、ボウフラが育ちにくかったようだ。...

記事全文を読む