韓国戦敗戦「吉田輝星」の“881球問題”を検証 プロで「大成しない」不吉データ

野球2018年9月6日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

881球はワースト2位

 吉田、炎上————。 9月5日、「BFA U18アジア選手権」で日本は韓国に、3対1で敗れた。敗因の1つとなったのが、金足農の3年、吉田輝星(17)のピッチングだったのは確かだ。

 ***

 1回に3ランを浴びたのが、あまりにも痛かった。ただ打線が吉田を見殺しにしたのも事実。終わってみれば被安打2で6回3失点。批判から擁護まで様々な評価が可能だ。しかし「先発の役割」は先取点を取られないこと。それが果たせなかったのは確かだろう。
 
 それに結局のところ、勝ち負けは関係ない。...

記事全文を読む