バスケ“買春騒動”余波… 年収は歴代の4倍「三屋裕子会長」に退陣要求

スポーツ週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 バスケ日本代表の「ジャカルタ買春」。いまも、その余波が収まらない。実は、三屋裕子会長(60)の退場要求にまで発展しそうなのだ。その理由の一つは、買春した4人の選手を公開処刑のように会見の場に立たせ、晒しものにしたこと。さらに、歴代会長の4倍近い年収を貰いながら、監督責任を果たしていないことだという。...

記事全文を読む