小学校で教科になった「道徳」、世界各国の「道徳教育」は?

社会2018年9月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 夏休みが終わり、学校での授業が始まった。国語や算数などと同じ正式科目として、小学生たちが「道徳」を学んでいる。
 長らく「道徳」は科目扱いをされてこなかった。それが実は2018年春から正式な教科になり、新たに教科書も配布されたのだ。来年からは中学校でも実施される。
「道徳」が学校の正式科目となったのは、じつに七十数年ぶりのこと。戦前の「修身科」が敗戦で廃止されて以来の復活とも言える。

 なぜいま教科化なのか? なにが変わるのか? いじめが減るのか? 学校現場や保護者から様々な疑問があがるなか、教育評論家の森口朗氏は次のように話す。...

記事全文を読む