「コンパクトシティ」のお手本シンガポールは本当に成功しているのか?

国際2018年9月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

地域再生の成功学(6)

 よく都市計画の成功例として挙げられるシンガポール。しかし、持続可能性という視点から見れば、じつはシンガポールは大変厳しい状況に置かれているという。

「今、シンガポールは出生率の低下と高齢者の激増に苦しんでいます。今後30年間の人口予測を見ますと、現役世代は横ばいで、高齢者だけが4倍に増える。サステナブルな状況でないのは確かです」と警鐘を鳴らすのは、かつてシンガポールに駐在した経験を持ち、現在は地域再生の専門家として活躍する藻谷浩介さん。

「人間をブロイラー化する都市構造が、少子化につながっている」と主張する藻谷さんに賛同するのは、都市再生プロデューサーの清水義次さん。...

記事全文を読む