メモに表れた“東條の浅薄な天皇観” 「東條英機メモ」が語る「昭和天皇」戦争責任の存否(保阪正康)

社会週刊新潮 2018年8月16・23日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「東條英機メモ」が語る「昭和天皇」戦争責任の存否――保阪正康(下)

 7月23日付の「読売新聞」が「湯沢メモ」について報じた記事は、開戦前夜、東條英機が昭和天皇の「決意」などを部下2人(内務次官の湯沢三千男と陸軍次官の木村兵太郎)に興奮気味に語ったというものだった。ノンフィクション作家の保阪正康氏は、この“スクープ”をどう読み解いたか。

 ***...

記事全文を読む