赤鉢巻のスーパーボランティア「尾畠さん」 肉体美を作った食生活を明かす

社会週刊新潮 2018年8月30日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 大分県在住の尾畠(おばた)春夫さん(78)は鮮魚店を営むかたわら、長年地元の登山道の整備などを続けてきた。店を畳んだ後は、本格的にボランティア一筋の生活に入ったという。

 それにしても、78歳といえばいわゆる「後期高齢者」である。他人を助けるどころか、日常生活で介護を必要としている同年代も多いはず。壮健な肉体を維持するには、なにか秘訣があるのだろうか。...

記事全文を読む