アジア大会「女子レスリング」金メダルゼロの惨敗 原因は「栄和人」前監督の不在

スポーツ2018年8月28日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 まさかの金メダルゼロ――。アジア競技大会での女子レスリングである。「霊長類最強女子」と謳われた吉田沙保里(35:至学館大学)も、女子史上初の五輪4連覇の伊調馨(34:ALSOK)も不在なのだから仕方がないと思う方もいるだろう。だが、彼女たちの後継者は育っていたはずだった。日本レスリング協会の栄和人・前強化本部長(58)が伊調馨選手へのパワハラで今年(2018年)4月に辞任して以来、初の国際的な舞台だった。騒動の主が去り、落ち着いて戦えたはずではなかったのか。...

記事全文を読む