川淵三郎氏のツイートのネタ元は「犬猿の仲」のあの人だった! 渡邉恒雄主筆との歴史的初対談の中味とは

スポーツ2018年8月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

コペルニクス的転回

「(コペルニクス的転回、例え常識に反するとも180度考え方を変えてみろ)を実践しているのが本田選手。現役選手として発想が跳んでいる。将来が楽しみ‼」

 8月14日、Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏(現・日本トップリーグ連携機構会長)は、本田圭佑選手の「カンボジア代表監督就任」をツイッターでこのように祝福した。

 本田選手への期待感もさることながら、このツイッターで目を引くのが「コペルニクス的転回」という表現だ。これは哲学者のカントが作った言葉で、地動説を唱えたコペルニクスを引き合いに、物事の見方が百八十度変わるような大胆な発想の転回などを意味している。...

記事全文を読む