2人の“九州のゴジラ”、“青森のドクターK” 第100回「夏の甲子園」怪物たちにつく値札

野球週刊新潮 2018年8月16・23日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

第100回「夏の甲子園」怪物たちにつく値札(2/2)

 U18日本代表候補でもある和歌山代表・智弁和歌山の3番、林晃汰(こうた)は、1年生のころから何度か場外ホームランを記録してきた。

 そんなパワーヒッターについて、歴代最多、春夏合わせて38度目の甲子園となる高嶋仁(ひとし)監督は大会前にこう絶賛していた。...

記事全文を読む