美を見る目が甘かった…フリーア美術館が持つ“琳派の名品”〈誰が「国宝」を流出させたか〉

アート週刊新潮 2018年7月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

誰が「国宝」を流出させたか――中野明(2/3)

『流出した日本美術の至宝』(筑摩選書)の著書があるノンフィクション作家の中野明氏が、海外の美術館に所蔵される日本美術の名品を紹介する。前回紹介したのは、米ボストン美術館の“海を渡った二大絵巻”。そのうちの一つ《吉備大臣入唐絵巻(きびだいじんにっとうえまき)》の流出は、準国宝級の美術品の輸出を制限する法律成立の事実上の契機となった。

 ***...

記事全文を読む