ボストン美術館が“至宝の絵巻”を所蔵するワケ〈誰が「国宝」を流出させたか〉

アート週刊新潮 2018年7月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

誰が「国宝」を流出させたか――中野明(1/3)

 海外には「日本にあれば国宝間違いなし!」といわれる日本美術の名品が多数存在している。誰が持ち去ったのか? なぜ、そこにあるのか?――『流出した日本美術の至宝』(筑摩選書)を上梓したノンフィクション作家の中野明氏が、その一端をやさしく解き明かす。

 ***...

記事全文を読む