「大日本帝国時代は本当にいい時代だった」 パラオの人はなぜ今も親日なのか

国際2018年8月18日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

大日本帝国を懐かしむ人たち

 毎年8月になると戦争関連の書籍、報道、番組、記事が増える。基本的に全面的に肯定する人はいないものの、先の戦争の評価は人それぞれである。「日本のやったことはすべて悪い」という立場もあれば、「仕方が無かった面もある」「良かった点もある」という立場もある。前者は後者を「歴史修正主義」などと批判し、後者は前者を「自虐史観」と批判する。これもまた毎年のように繰り返される光景だ。...

記事全文を読む