「日本一の工業高校」はなぜ甲子園に出場できたのか 文武両道を掲げる監督の指導理念

野球2018年8月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

文武両道は可能か

 相変わらず炎天下の中、投手に限界を超える球数を投げさせる監督。

 それを「熱投」「感動」と持て囃すメディア。

 この夏も甲子園では見慣れた光景が繰り返されている。

 今後の野球生命を軽視したかのようなプレイの強要の背景にあるのは、目の前の勝利を最優先する「勝利至上主義」があるのは間違いない。

 そして、こうした勝利至上主義の犠牲者は必ずしも投手やレギュラー選手だけとは限らないことも見過ごせない問題だろう。野球に集中させるために、その他のことを排除していく――それは一見、素晴らしいことのようにも思えるだろうが、実は野球部員たちの可能性を狭めることにもつながりかねない。...

記事全文を読む