身体に刺青、指はなく… 1・3億円脱税「大阪城のたこ焼き屋」創業者の“苛烈”エピソード

社会週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

たこ焼き屋のおばちゃんが3年で5億稼いだ「鉄板ネタ」(2/2)

 大阪城公園を訪れる観光客を相手に3年間で5億円以上を売り上げ、このたび1億3千万円の脱税が摘発された「宮本茶屋」。創業者は「山口組」傘下組織に属するテキヤだった宇都宮武彦氏(仮名)である。武彦氏亡き後は、妻のタツ子氏が経営者に就き、家族が交代で店に立つ。「8個600円」のたこ焼きを売って得た膨大な利益の行く先は……。

 ***...

記事全文を読む