夏の突然死を招く「夏血栓」に要注意 30代が心筋梗塞で搬送のケースも

ライフ週刊新潮 2017年7月20日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

盛夏の突然死を防ぐ総力ガイド(1)

 一時期の暑さよりは和らいだもののサウナのような「酷暑」が容赦なく日本列島を包んでいる。7月23日には埼玉県熊谷で観測史上初となる41.1℃を記録した。連日メディアでは熱中症対策が呼びかけられているが、東京23区内でも熱中症による死者が7月に入り急増、23日までに38人にも達した。だが、夏に気をつけたいのは、実は熱中症だけではないという。(以下、「週刊新潮」2017年7月20日号掲載。※データは全て当時のもの)

***

 酷暑の季節といえば、真っ先に思い浮かぶのは熱中症だろう。...

記事全文を読む