狙いは「ルイ・ヴィトン」「宝石箱」 被害者が語る「西日本豪雨」火事場泥棒

社会週刊新潮 2018年7月26日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いわゆる人でなしとは、こういう輩のことを指すのだろう。酷暑に見舞われ、心身ともに疲れを募らせる西日本豪雨の被災者を尻目に、壊れた家屋から金品をくすねる。残念ながら、今回も後を絶たないようで――。

 実際、被災地はどさくさに紛れて火事場泥棒を働きやすい環境ではある。裏返せば、それほど被害が甚大なのだ。はたして、被災地に遠征したのか、窃盗団があちこちに出没。時にはボランティアに扮して、許されざる狼藉を働いている。...

記事全文を読む