ZOZO「前澤社長」のプロ野球進出構想 問題は「超高級会員制クラブ」の住人

エンタメ2018年7月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

1年に35億円以上を使うとも発言

 紗栄子(31)、剛力彩芽(25)、そしてプロ野球の球団――。衣料通販サイト「ZOZOTOWN」などを運営する「スタートトゥデイ」の前澤友作社長(42)の“欲しいほしい病”が話題を呼んでいる。今度はプロ野球の球団だ。

 ***

 7月17日、Twitterで「【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです」と発表。今に至るまで大きな反響を呼んでいる。

 とにもかくにも、フォーブス誌によると2017年3月時点で、総資産は3330億円という。人の心はいざ知らず、理論的に買えないものはない。Wikipediaには、以下のような記述がある。

《ワイン好きであり自宅や倉庫に数千本のワインを保管している他、高級車のコレクターとしても有名で、エルメス仕様のブガッティ・ヴェイロン、特注仕様のパガーニ・ゾンダなどのスーパーカーを多数所有。

 現代アートのコレクターとしても有名で(略)自宅やスタートトゥデイのオフィスにはいたるところに著名な作家の作品が飾られている。2016年5月に開催されたクリスティーズNYのオークションにて、ジャン=ミシェル・バスキアの作品「Untitled」(1982)を作家の過去最高落札額となる5700万ドル(約62.4億円)で落札し、大きな話題となった》

 ネットメディア新R25が掲載したインタビュー記事「限界まで使え。“世界の前澤”が語る『お金を増やす方法』はシンプルだった」(5月16日)にも、以下のような発言が収録されている。

◇「欲しいものがありすぎて、次から次へと買っちゃうんです」
◇「(配当収入の年35億円が)すぐなくなります」
◇「最近は現代アート、骨董品、家具、あとは相変わらず車もいっぱい買ってます。将来住みたい場所に土地を買ったりもします」
◇「いままで貯金したことはないかもしれないです。高校生の頃もバイト代はレコードや楽器につぎ込んでいました」
◇「欲しいものがどんどん出てきます。よく「キリがない」といいますけど、自分の“キリ”がどこにあるのか見てみたいですね」

次ページ:自民党と安倍政権も後押し!?

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]