銀行口座が持てない、賃貸契約ができない、保険に加入できない――フツーの生活が送れない! 暴力団離脱者の前に立ちはだかる「壁」

国内2018年7月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 平成4年に暴力団対策法(暴対法)が施行され、平成22年の福岡県を皮切りに、全国で暴力団排除条例(暴排条例)が制定された。
 その甲斐あって毎年、暴力団離脱者は増え続け(年間約600人前後)、平成29年3月の警察庁のまとめによると指定暴力団構成員数は、統計が残る昭和33年以来、初めて2万人を切った。...

記事全文を読む