21年ぶりモデルチェンジ! 最高級車「センチュリー」を“自家用車使い”する人々

ビジネス 企業・業界 2018年7月14日掲載

  • ブックマーク

 トヨタ・センチュリーがフルモデルチェンジされ、6月22日より発売された。初代が発売されたのが51年前の1967年のことで、2代目が30年後の97年、そして3代目となる今回は21年ぶり――これほどのんびりしたモデルチェンジは他にない。そして日本が誇る最高級車でありながら、これほど知っているようで知らないクルマも珍しい。

 そこで、数少ないセンチュリー愛好家の集まり、オーナーズクラブにその魅力を聞いてみた。

 ***

 新型3代目モデルのカタログには開口一番、こう記されている。

〈幾度もの、技術革新と熟成の時を重ねながら、至高の存在へと走り続けるクルマがあります。私たちトヨタ自動車の最高級車であり、日本を代表するショーファーカー、センチュリーです……〉

 なんだかウイスキーの宣伝文句のようだが、世界のトヨタが最高級と自負するクルマなのである。V型8気筒 5リッターハイブリッドエンジンを搭載した総出力は431馬力! エンブレムにトヨタマークはなく、工匠が1ヶ月半かけて手彫りした金型でつくる「鳳凰」マークがつく。運転席からは後部座席用エアコンの調整もできて、その後部座席はリクライニングが可能。左席にはオットマンやマッサージ機能、靴べら差しまで備わる“おもてなし”のクルマである。お値段1960万円(税込)は、もちろん同社最高価格だ。

 ちなみに「ショーファー(Chauffeur)」とは「お抱え運転手」のこと。つまり、公用、社用、要人警護用に使用されるクルマであり、その豪華な装備は、あくまでも後部座席に納まる人にために作られ、乗り心地はむろん、乗り降りのしやすさが重要なテーマとされている。その精神は初代モデルから変わっていない。

次ページ:御料車センチュリーロイヤル

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]