超早期発見と最新免疫療法 「ノーベル賞に最も近い異端児」が切り拓く「がんゲノム医療」

IT・科学週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「ノーベル賞に最も近い異端児」が切り拓く「がんゲノム医療」――窪田順生(下)

 民主党政権下で“医療改革の司令塔”に任命されるも、「日本独特の壁」 に絶望し、シカゴ大学医学部に拠点を移した中村祐輔(65)。ゲノム(全遺伝情報)を解析し、がんの治療に活かす世界的権威として知られる彼が、このたび国内に復帰する。7月1日に東京・有明にある公益財団法人がん研究会「がんプレシジョン医療研究センター」のセンター長に就任するのだ。

 ***...

記事全文を読む